Androidスマートフォンに適するブラウザーはどれだ!?

Androidスマートフォンに適するブラウザーはどれだ!?

Androidスマートフォンの既定ブラウザーもそう悪いものではありませんが、それ以外にも選べるオプションがあるとしたら、ほかの選択肢も試してみる価値はあるのではないでしょうか。速くて機能的という利点は確かにありますが、スマートフォンでWebサイトを見るのに適しているとはいい難く、ほかのブラウザーでは提供されている機能も一部備わっていません。より速く、より使いやすいブラウザーを求めるのであれば、以下のソフトを検討することをおすすめします。


Opera Mini

以前からAndroidマーケットの人気アプリであるOpera Mini (オペラ ミニ) は、ほかのモバイルプラットフォームにおいても信頼できるブラウザーとして既に地位を確立しています。

Opera Miniは、Androidに最初から搭載されているあまりスタイリッシュでないブラウザーよりも格段に使いやすいです。スピードダイヤル機能では、お気に入りのサイトへのショートカットを設定することができます。アドレスバーや、デフォルトで設定されている検索バーでの自動入力機能など、そのほかのナビゲーション補助機能も備わっています。

ページの読み込みはとてもスピーディです。サイトの表示はOperaサーバー上の圧縮テストを経てブラウザーに到達・実行されるため、読み込み速度が大幅に向上しました。また、Opera Miniオプションや設定も充実しています。画質、フォントサイズ、画面の向きを変更できるだけではなく、多様なプライバシー設定も利用できます。もちろんブックマークや閲覧履歴もあります。

良い点: 動作が速い、スピードダイヤル、タブ操作によるブラウジング、たくさんのオプション、アドレスの自動入力

惜しい点: 検索バーをカスタマイズできない、軽いバグがある


Skyfire

Skyfire (スカイファイヤー) は、Androidブラウザーの中では唯一Flashビデオをサポートしているブラウザーということもあり、注目すべき選択肢のひとつです。ブラウザーでYouTubeGoogle VideoVimeoなどのビデオクリップを視聴できます。ただしFLVに完全には対応していないため、一部のサイトではSkyfireからビデオコンテンツにアクセスすることはできません。

Skyfireは画面の一番上にメニューバーがあるため、ページのブックマーク、設定へのアクセス、タブ閲覧の管理などさまざまな機能にすぐにアクセスすることができます。面白いことにSkyfireでのタブの切り替え操作はiPhoneSafariでの操作に非常によく似ており、ページを素早くスライドできるほか、ボタンをタップして新しいページを開くこともできます。

良い点: Flashビデオに対応、ページの読み込みが速い、探索機能、使いやすいタブ管理ツール

惜しい点: 動作が不安定になる場合や応答しない場合がある、すべての Flashコンテンツに対応していない


Firefox

AndroidFirefox (ファイヤーフォックス)では、よりスムーズなWebページの閲覧が可能です。AndroidFirefoxアプリではこれまでたくさんの変更が行われてきましたが、動作がより安定したレベルに近づいてきているといえます。

モバイルでFirefoxがどのように表示されるかというと、WindowsFirefoxの動作とよく似ています。例えば、アドレスバーの横の番号が付いたアイコンをタップすると、タブ形式でページを同時に開くことができます。これにより画面に余裕を持たせながらも複数のタブを管理できるため、操作が非常に簡単です。

AndroidFirefoxのその他の便利な機能は、PC版など他のFirefoxとの同期に対応していることです。すべてのブックマーク、履歴、デスクトップバージョンの実行タブにアクセスができるため、アドレスを手動で入力する手間が省けます。

良い点: アドオン、使いやすいインターフェイス、同期機能

惜しい点: 軽いバグがややある


Dolphin Browser

Dolphin Browser (ドルフィン ブラウザー) は、速くて簡単なAndroidスマートフォン向け Web ブラウザーです。高度な機能はあまり搭載されていませんが、それは合理化に主眼をおいた特性によるものかもしれません。ただ、搭載されている機能は大変便利で、アドオンをインストールしてその性能を強化することができます。ダウンロード可能な追加機能には、Password ManagerYouTube SearchAd BlockerGoogle翻訳などがあります。

Dolphin Browserの最新バージョンでは、タッチジェスチャーがより強化されています。これにより、直接画面に文字や記号を書いて特定のサイトにアクセスしたり、機能を実行したりできます。例えば、「f」と書くと Facebookが開き、左から右側の矢印を書くと、前後のページに移動します。さらには、独自のジェスチャーを作成することもできます。

良い点: スピーディ、使いやすいタブオプション、マルチタッチに対応、多くのアドオンを利用できる

惜しい点:軽いバグがある


Chrome

デスクトップPCでの使用を想定しているため、Chrome(クローム) Webサイトの読み込みの速さに重点がおかれた、スピーディに閲覧できるブラウザーです。Chromeをデスクトップで使用したことがあれば、Android Chromeは使いやすいと感じることでしょう。インターフェイスは小さい画面用に最適化されており、ほとんどの Web サイトはネイティブバージョンで読み込まれます。つまり、モバイルバージョンではなく、PCバージョンのWebサイトが表示されるのです。

Chromeはデザインもよく、読み込みも速いです。Chrome Syncやブックマークなど、デスクトップ版すべての利点を利用することができます。違うプラットフォームのモバイルデバイスで使用しても、シームレスに Web サイトが読み込まれます。とはいえ実際にはややバグも目立ち、クラッシュしやすいという点についてはやや残念です。ユーザーの多くは、新しいバージョンのChromeについて同様の不満を持っていることと思います。実際にこのような問題が発生するかどうかは、ご自身で試してみてください。

良い点: スピーディ、Chromeとの同期機能、使いやすいブックマーク管理

惜しい点: 頻繁にクラッシュする傾向がある

個人的に、現時点ではAndroid版の WebブラウザーとしてはOpera Miniを選ぼうと思います。ほかにいいと思うWeb ブラウザーがあれば、ぜひご意見をお寄せください。

  • Link Copied!
コメントをロード中